【アコースティックギター \7,700〜】

2013年11月25日

エレキギター

エレキギターはピックアップやアンプなどの電子機器を使って演奏するギターの事で、大きく分けるとフル・アコースティック・ギター(フルアコ)、セミ・アコースティック・ギター(セミアコ)、ソリッド・ギターの3種類に分けられます。

フルアコはアコギのように中が空洞になっており、艶のある甘い音をしています。

セミアコは木材がボディの中央部分に詰められているなどボディの中が完全な空洞ではなく、フルアコとソリッドの中間のようなギターで、フルアコの柔らかさとソリッドの鋭さを併せ持った音をしています。

ソリッド・ギターは本体が木の固まりで作られており、柔軟に器具の追加や交換ができますのでバリエーションも豊富なギターです。


ラベル:エレキギター
posted by ギター at 18:00| エレキギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

アコースティックギター

アコギや生ギターと呼ばれるアコースティックギター。

エレキギターのようにアンプなどを必要とせず、生音での演奏が可能です。

6本ある弦を指やピックを使って演奏します。

またエレキギターと比べて太いネックに大きなボディ、テンションの高い弦をしています。

そんなアコースティックギターの魅力といえばやはり美しい音色ではないでしょうか?

ボディを共鳴させて音を出すアコースティックギターは材質の組み合わせによって音質が変わりますし、とても繊細で人間のような楽器と言えるでしょう。

今からアコギを始める方は、最初は安めの楽器を買って弾けるようになって続くようなら新しいのを買うのがおすすめです。



まずはこういう感じの入門セットから手を出してみましょう。
posted by ギター at 14:27| アコースティックギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

ギター 種類

ギターは大きく分けるとアコースティックギターとエレクトリックギターの2種類があります。

アコースティックギターはアコギやフォークギターとも呼ばれ、生音で演奏ができます。

スチール製の弦に中が空洞になった本体がアコースティックギターの特徴です。

対してエレキとも呼ばれるエレクトリックギターを演奏するには音を増幅させるアンプなどの電子機器を必要とします。

アコギに比べて細いスチール弦に本体は木の固まりなのが特徴です。
ラベル:種類 ギター
posted by ギター at 12:29| ギター 種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ギター」の先頭へ



SEO対策済みテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。